| main | 不登校対策 実践 >>

スポンサーサイト

0
    • 2013.02.05 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ひきこもり 対策

    0



      子供にとって愛情とは、「自分だどれだけわがままを言ったり理不尽なことをしても真摯に応じてくれる人の存在を確かめる」という意味もあり、

      愛情を十分に感じることができなければ、「自分は認められていない」「何か起きた時に頼れる人がいない」と、

      自信のよりどころを喪失してしまうわけです。


      こうして、心の奥に本来ならば秘めているはずのもっとも大切な「自信」がないがために、

      ちょっとした挫折を乗り越えられず、自分に自信を失ったまま引きこもりを続けてしまったり、

      いじめにあった時にも、誰に救いを求めてよいかわからず、不登校になってしまうわけです。





      伊藤幸弘さんの不登校ひきこもり解決DVDでは、引きこもりでも不登校でも何でも解消することができるノウハウがまとめられていますが、

      最も重要なのは、親であるあなたがまず考え方を変え、子供に対して過保護ともいえるくらいの愛情を注ぐことを前提としています。


      きっかけが親の愛情不足である以上、親子の信頼関係を取り戻さなければ、

      何をやっても意味がないし、場合によっては逆効果にすらなります。


      そのためにも、あなたの考え方を改めて、子供のわがままを100%聞いてあげるくらいの気持ちで、

      徹底的に愛情を注ぎ込んであげることが不可欠です。


      そのほか、伊藤幸弘さんのノウハウについて、ここではポイントをいくつか紹介をすると↓のようになっています。




      不登校になる子供に共通するある特徴とは?

      問題行動を起こす子供を反省させる、唯一であり最も効果のある方法とは?

      子供の行動での危険信号とは?また、その判断基準は?

      ひきこもりを解決する具体的な方法は?






      不登校とかは精神的に打たれ強いことがなるわけじゃないし、

      元々の性格がちょっと暗い子がなりやすいわけでもありません。


      むしろ、親の期待に応えようと必死に頑張ってきた子供に多いと言われています。


      あなたも、子供が本当に何を求めていたのか、キチンと耳を傾けて、

      子供と一緒に引きこもりを解消していく姿勢さえ持つことができれば、

      1か月もしなうちに、子供に劇的な変化が現れるのを実感できます。









      時間が長引いて、さらに状況が悪化してしまう前に、引きこもりを脱出して本当の親子関係を作り直すにはこちら









      スポンサーサイト

      0
        • 2013.02.05 Tuesday
        • -
        • 09:35
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        PR
        parts
        ひきこもり外来
        ひきこもりからの脱出

        人気ホームページランキング
        ブログランキング

        • 無料SEOツール

        PVランキング

        ブログランキング
        ブログランキング
        selected entries
        categories
        archives
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM